立見の御御録(ごみろく)

トミーウォーカーのPBWシルバーレイン内の立見鑑三郎の取り留めない日々を。

スポンサー広告 > またもいきなり
立見の日々 > またもいきなり

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

またもいきなり

2010/01/10(日) 00:28:16 立見の日々 THEME:Silver Rain (ジャンル : オンラインゲーム EDIT
新学期早々、「詠唱銀強奪犯」の一人 巡礼士のランドルフとやらが交渉(?)を持ち込んできた。
曰く「捕虜としている128名の巡礼士の開放を要求する。
見返りに巡礼士の目的を明かしたい」との事らしい。

これについて銀誓館では喧々諤々の論議になっている。

俺の意見はというとー

捕虜の解放だ。
あちこちの結社でも述べてはいるが最も簡単な理由は以下のとおり

・捕虜の使い道がそれしかない。

この一点に限る。
態度が云々、信用出来ない云々反論はあるようだが、突き詰めると理由はこれだけなのだ。
こちらから動く前に相手から動いてきたのも好都合。
この機会に幾許かの情報を得れば、この先動く事も出来るだろう。
それに今後、このような交渉の場所が出来るかどうか分からない。
互いに犠牲者の出ていない今が交渉の好機であり、落としどころだろう。
万が一死者が出ると感情論になってしまい、土蜘蛛の時の二の舞になる可能性が高い。
それだけは避けたいと思う。ただの殺戮者になるのは真っ平御免だ。

とは言っても、どのような結果になるかは神のみぞ知る、だがの。
Comment (0)Trackback (0)

管理者にだけ表示を許可する

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。