立見の御御録(ごみろく)

トミーウォーカーのPBWシルバーレイン内の立見鑑三郎の取り留めない日々を。

2010年06月 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

リアイベ『マヨイガの戦い』

2010/06/30(水) 11:46:17 立見の日々 THEME:Silver Rain (ジャンル : オンラインゲーム EDIT
2010年6月27日
原初の吸血鬼・アレキサンドラがマヨイガを吸収するのを阻止すべく
宮崎県と鹿児島県の県境高千穂山麓へと出撃した。
【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (0)Trackback (0)

リアイベ『マヨイガの戦い』メモ

2010/06/21(月) 19:01:21 立見の日々 THEME:Silver Rain (ジャンル : オンラインゲーム EDIT
・勝利条件
【14】か【15】攻略すると終了。
【14】攻略の場合、平和裏に終わる。
【15】攻略の場合、マヨイガは残り、残った視肉をどうするのかは後日アンケートを取る?
※全体フラグ?

・侵攻制約
【14】男性のみ【7】攻略後、男女共に可能
【15】女性のみ【8】   〃

○もやの存在
・『もや』の位置が【14】に重なると敗北。
オレンジの枠を制圧すると右に緑の枠を制圧すると左に制圧した戦場の数だけ移動。
※【15】に重なっても何も起きない。
・『もや』がターンの開始時点に【13】の後ろの枠にあった場合、聖女アリスを捕縛する事が可能。

・メガリス『黄金の林檎』
【5】【6】【7】【8】に黄金の林檎の欠片があり。
処刑人も狙っているので、欠片を譲るか譲らないかで味方か敵に分かれる。
未制圧の場合ーアリスが奪取。アリスがいない場合は処刑人が獲得。
※個人的には渡さない方が良いと思っている。好意で渡したとしても
今までの対応からして彼らが感謝する確立は低い。
ただ、問題は戦場の苛烈さにあるので、面倒なら全部渡すのも手。
中途半端が一番良くないような気がする。


メモは随時追加。


Comment (0)Trackback (0)

信念岩をも通す

2010/06/19(土) 11:24:30 立見の日々 THEME:Silver Rain (ジャンル : オンラインゲーム EDIT
早く書かないと時機を失してしまうと思いながら書くのが遅れてしまった。

サッカーワールドカップ 日本ーカメルーン戦
下馬評では負ける事必至だったし、俺自身もそう考えていた。
それを跳ね返しての見事な勝利、お見事としか言いようが無い。

戦前の悪い状態は演戯かと疑ってしまうぐらいだった。

今日のオランダ戦は正念場。
見事な戦いを期待したい。


正念場と言えば 【続きを読む】
Comment (0)Trackback (0)

マヨイガ(マヨヒガ)について

2010/06/12(土) 13:17:15 立見の日々 THEME:Silver Rain (ジャンル : オンラインゲーム EDIT
結社の後輩が話していたのだが、浅学にて知らなかったので、テスト勉強を教える傍ら
自分も勉強してみた。



迷い家とは、主に関東・東北地方に伝わる奇談、もしくはその奇談に登場する家屋の名前である。

非常に多くのバリエーションが存在する奇談であるが、大まかな共通点としては

旅人が山奥で迷うと、立派な門を持った屋敷を偶然発見する。
しかしその屋敷には住人の気配は全く無い。
その屋敷から食器などの日用品を持ち帰ると、幸運が訪れる。
と言うような感じである。

屋敷は庭に様々な花が咲き乱れ、数多くの家畜も飼われていると言った描写がある話もあれば、生き物の気配が全く無い完全な廃屋となっている話もある。迷い込んだ旅人は必ず帰る事が出来るor帰る事が出来るかどうかは本人次第、物を持ち帰った事によって訪れる幸運は本当に些細な物であるor子孫代々極めて繁栄する、等様々に違いがある。

迷い家に関する奇談は上記の通り一部地方の説話に過ぎなかったが、1910年に柳田國男が発表した日本民俗説話集『遠野物語』の中に取り上げられた事で全国的に知られる説話となった。

『遠野物語』第63?64話にかけてこのマヨヒガの記述があり、『家の有様、牛馬鶏の多きこと、花の紅白に咲きたりこと』『同じく玄関に入りしに、膳椀を取り出したる室あり。座敷に鉄瓶の湯たぎりて、今まさに茶を煮んとするところのやうに見え、どこか便所などの辺りに人が立ちてあるやうにも思われたり。』と、ごく仔細にマヨヒガの佇まいが記述されている。

かつて遠野の地では、莫大な富の源泉がこのような異界に存在すると考えられていたことから、このような伝説が生じたと考えられている。

村落共同体における富裕層の起源説話に「隠れ里伝説」や「椀貸伝説」が結び付いたものと思われる。

その後も同類の話は伝承され、かつて猟師や山菜採りであった迷い人はNTT職員や国土調査員などに姿を変え、また、迷い家に逢うと不幸が訪れるという全く逆のバリエーションも派生して出来ており、怪談の一つとして語られることもある。



?ウィキペディア、ニコニコ大百科より。

詳しいところから抜粋してみた。
個人的に誰もいないところから什器を持ち帰るのは如何なものか…と思っていたら、
昔の人でも、そう思ったらしく、後でお椀が流れ着いてくる話しもあるというところに、思わず微笑んでしまった。

興味深いのは最後の部分、未だにその話しが都市伝説の如く、しかも不幸になるバージョンというのが現代風らしい。
ちなみに某有名ゲームのネタにも使われているようだ。

何事もなく、無事に帰してくれるのが 迷い家(マヨイガ)なのに、ここで事件が起きるとは
企んだ者の悪意を感じるな。参加する人たちの無事を祈りたい。


6月14日追記あり
【続きを読む】
Comment (0)Trackback (0)

目標達成

2010/06/03(木) 00:39:12 立見の日々 THEME:Silver Rain (ジャンル : オンラインゲーム EDIT
背後事情で記載が滞り汗顔の至り。
とどめに結社シナリオの出発が同日になったり、
(その上依頼一つ増やしたのは自業自得)
5月の最終週は本当に地獄だった……。 【続きを読む】
Comment (0)Trackback (0)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。